兄弟の目の中のちりに目をつけるが、 自分の目の中の梁には気がつかない。

兄弟の目の中のちりに目をつけるが、 自分の目の中の梁には気がつかない。これは、かなりデフォルメした表現で、自分の目の中に太い柱が入っているのに気が付かないという、かぶりモノ・ギャグのような情景を描いています。よくできたコメディは、笑ったあとに悲哀をにじませたり
するもの。自分を客観的に見るというのは、気をつけていても難しいものです。アラ探しをしないことは、本当に信頼できる関係をつくるために大切なことではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る